プレミンは妊娠中に必要な成分を最適に摂取することができる?調査結果を徹底解説!|【ラッキー葉酸】葉酸サプリランキング決定版!妊活・妊娠におすすめはコレ
プレミン

プレミンは妊娠中に必要な成分を最適に摂取することができる?調査結果を徹底解説!

プレミン 妊娠中

みなさんは、プレミンという葉酸サプリをご存知ですか?

プレミンは妊活中から産後まで、時期ごとに合わせた成分の量を摂取することができる、とても優れた葉酸サプリです。

では、妊娠中はその中でもどのプレミンを飲めばいいのでしょうか?

それに、なぜプレミンを妊娠中に飲むのが良いと言われているのかも気になりますよね。

妊娠中にはどのプレミンを飲めばいいのか、妊娠中にプレミンを飲むとどんな良いことがあるのかをこれからご説明していきたいと思います。

妊娠中にプレミンを飲もうと考えている方や、妊娠中にプレミンを飲むとなぜ良いのか知りたいという方は、ぜひ見てみてくださいね。

妊娠中に飲むべきプレミンはどれ?

まずはプレミンの種類をすべて表にまとめてみたので、ご覧ください。

プレミン プレミン プレミン プレミン
プレミン プレミンMen プレミン16w プレミンママ
妊活中~妊娠3ヶ月
(女性向け)
妊活中
(男性向け)
妊娠4ヶ月~出産
(女性向け)
産後
(女性向け)

これらの中でも、妊娠中に飲むべきプレミンは以下の2種類になります。

2つの商品の詳細は、次項からくわしくご説明していきますね。

妊活中から妊娠3ヶ月まではプレミン

プレミンは、妊活中から妊娠3ヶ月までの女性が飲むサプリとなっています。

妊娠初期は赤ちゃんの発育をスムーズに行うために葉酸がたくさん必要となるので、プレミンには葉酸が豊富に含まれていますよ。

妊娠4ヶ月以降から出産まではプレミン16w

プレミン16wは、妊娠4ヶ月以降から出産までの間、女性が飲むサプリとなっています。

こちらは妊娠4ヶ月以降に不足してしまいやすい鉄分を補うために、鉄分が多く含まれていますよ。

妊娠中にプレミンを飲むとどんな効果があるの?

妊娠中にプレミンを飲むと、どんな効果があるのでしょうか?

妊娠中はつわりや貧血など、普段よりも体に不調が表れやすくなってしまうと思います。

では、プレミンは妊娠中の体にどんな良い効果をもたらすのか見ていきましょう。

妊娠3ヶ月までのプレミンによる効果

まずは妊娠3ヶ月までのプレミンによる効果をお伝えしていきますね。

先天性障害のリスクを下げる

まず先に、こちらをご覧ください。

妊娠中に必要な葉酸の量を見てみると、妊娠3ヶ月までは葉酸をたくさん摂取しなければいけないことが分かります。

では、プレミンに含まれている葉酸の量はどうでしょう?

プレミンには、このように厚生労働省で推奨している400㎍の葉酸が含まれていますよ。

ちなみにモノグルタミン酸型葉酸とは、体に吸収されやすい葉酸のことを言います。

葉酸には、赤ちゃんがお腹の中で大きく育っていくために必要な細胞分裂を助ける働きがあり、そのおかげで神経管閉塞障害や自閉症などの障害リスクを下げることができます。

せっかく子供を妊娠することができたのに、出産をする時に赤ちゃんが奇形や脳の異常などの障害を持って生まれてきてしまったら、とても悲しいですよね。

お腹の赤ちゃんを育てていくためにも、妊娠3ヶ月までの妊婦さんにとって、葉酸は欠かせない成分なのです。

妊娠中のつわりを軽減

プレミンに含まれているビタミンB6には、妊娠中のつわりを軽減する効果があります。

妊娠後から妊娠3ヶ月までは、つわりの症状が強く表れやすいと言われています。

妊娠中のつわりは食欲がなくなったり、吐き気や嘔吐を頻繁に繰り返してしまったりと、体調の悪さに嫌気がさしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。

しかし、ビタミンB6は妊娠中につわりが起きる原因とも言われるアミノ酸の代謝異常を正常に戻す働きがあるので、妊娠中のつわりを軽減する効果が期待できますよ。

妊娠4ヶ月以降からのプレミンによる効果

続いては妊娠4ヶ月以降からのプレミンによる効果をお伝えしていきます。

妊娠中の貧血を予防・改善

こちらを見てみると、妊娠4ヶ月以降の妊婦さんは、鉄分がたくさん必要となることが分かりますね。

続いてプレミンに含まれている鉄分の量を見てみましょう。

このように、プレミン16wには厚生労働省で推奨している15mgの鉄分が含まれています。

鉄分が多く含まれていることで、妊娠4ヶ月以降に起きてしまう可能性がある貧血を予防・改善することができますよ。

妊娠中は赤ちゃんへ栄養などを送るために、たくさんの血液が必要となります。

そのため妊娠している間は特に、鉄分不足による貧血を起こしやすくなっているのです。

貧血にはめまいやたちくらみ、動機や息切れなどといった症状があり、普段の生活を通常通りに行うのが困難な状態となってしまいます。

鉄分を摂取することで、そういった症状が表れる原因となる貧血を、予防・改善していくことができますよ。

また、プレミンに含まれている葉酸やビタミンB12にも血液を増やす手助けをする造血作用があるので、妊娠中の貧血を予防・改善する効果アップが期待できます。

妊娠うつの解消

プレミンに含まれている葉酸には、妊娠うつを解消することが期待できます。

妊娠4ヶ月以降に突入すると、妊娠初期よりもさらに、不安や心配が生まれてきてしやすいのではないかと思います。

みなさんは妊娠うつというものがあることをご存知ですか?

「妊娠をしたら、妊娠前よりも喜怒哀楽の感情が激しくなってしまった」などと、妊娠うつになる妊婦さんも多いようです。

この妊娠うつは、実はホルモンバランスの変化や乱れが原因となって起きてしまうんです。

しかし、葉酸が持つ造血作用によって血液が増え、新しい血液がスムーズに体内に送られるようになると、体内のさまざまな部位が活発になり、自律神経が整いやすくなります。

自律神経が整うとホルモンバランスも整いやすくなるので、葉酸は妊娠うつの解消にも役立ってくれますよ。

プレミンとはどんな葉酸サプリ?

プレミン

プレミンとは、どんな葉酸サプリなのでしょうか?

妊娠中に飲むプレミンについての詳細を、ご説明していきますね。

プレミンは妊活中から妊娠3ヶ月までサポート

最初の方でお伝えしたように、プレミンは妊活中から妊娠3ヶ月まで飲むサプリとなっています。

プレミンに含有している成分は、以下の表のとおりです。

プレミン

プレミン
価格(124粒入り/31日分)
3,580円(税抜)
原材料名
澱粉、酵母(亜鉛、ナイアシン、ビタミンB6含有)、食用精製加工油脂/貝カルシウム、酸化マグネシウム、ヘム鉄(豚由来)、ビタミンC、ヒドロキシプロピルセルロース、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、光沢剤、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンD、ビタミンB12
栄養成分
ビタミンB1 1.3mg/ビタミンB2 1.5m/ビタミンB6 1.4mg/ビタミンB12 2.8μg
ビタミンC 45mg/ビタミンD 7.0μg/ナイアシン 3.5mg/パントテン酸 2.0mg
ビオチン 50μg/葉酸 400μg/カルシウム 250mg/マグネシウム 100mg/鉄 5.0mg
亜鉛 3.0mg

このプレミンを飲むことで、妊娠後から妊娠3ヶ月までの妊婦さんをずっとサポートしてくれますよ。

初めての妊娠という方も、2人目や3人目を妊娠中という方も、やはり自分だけの体ではないと思うと、不安や心配がたくさんあるのではないかと思います。

それに、妊娠初期のつわりが辛いと感じている妊婦さんも多いのではないでしょうか?

「食べ物を見るだけで具合が悪くてなってしまうし、つわりがひどくて辛い‥。」と、つい気持ちがブルーになってしまう場合もあるでしょう。

ですがプレミンを飲んでいくことで、そんな赤ちゃんや妊娠中の体調などへの不安や心配を、取り除いていくことができますよ。

妊娠中も、普段どおりに楽しく健康的な生活を送っていきたくはありませんか?

プレミン16wは妊娠4ヶ月以降から出産までずっとサポート

プレミン16wは、妊娠4ヶ月以降から出産まで、ずっと妊婦さんをサポートしていってくれます。

また、プレミン16wに含有している成分には以下のようなものがありますよ。

プレミン16w

プレミン
価格(124粒入り/31日分)
3,580円(税抜)
原材料名
酵母(亜鉛、ナイアシン、ビタミンB6含有)、澱粉、食用精製加工油脂、レモン果皮抽出物/貝カルシウム、ヘム鉄、酸化マグネシウム、ビタミンC、ヒドロキシプロピルセルロース、ピロリン酸第二鉄、カロテン、ビタミンE、光沢剤、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、ビオチン、ビタミンD、ビタミンB12、(一部に豚肉・ゼラチンを含む)
栄養成分
ビタミン A 300μg/ビタミンB1 1.3mg/ビタミンB2 1.5mg/ビタミンB6 1.4mg
ビタミンB12 2.8μg/ビタミン C 45mg/ビタミン D 7.0μg/ナイアシン 3.5mg/
パントテン酸 2.0mg/ビオチン 50μg/葉酸 250μg/カルシウム 250mg
マグネシウム 100mg/鉄 15.0mg/亜鉛 3.0mg

プレミンとプレミン16wでは、このように含有している成分が異なります。

プレミン16wには鉄分が多く含まれているため、妊娠4ヶ月以降に不足しやすい鉄分を補って、貧血を予防・改善することができますよ。

それだけでなく、プレミンに含まれる葉酸には、妊娠うつを解消してくれる効果も期待できます。

妊娠うつの症状には、気分が落ち込みやすくなったり、感情の起伏が激しくなってしまうという症状があるので、毎日を暗い気持ちで過ごすことになってしまうかもしれません。

貧血のせいでやらなければいけない家事がほとんどできなかったり、日常生活での些細な出来事で気分が上がり下がりしてしまうなんて‥。

せっかく妊娠をすることができたのに、なんだか人生を損しているような気持ちになってしまうと思います。

ですがプレミン16wを飲むことで、妊娠中の貧血や妊娠うつを予防・解消していくことができますよ。

そういった悩みが解消されることで、暗い妊娠生活から明るい妊娠生活へと変えていくことができるはずです。

2つのマークを取得した安全性の高い葉酸サプリ

プレミンは4種類すべて、GMPマークと安心・安全マークを取得しているので安全性の高い葉酸サプリとなっています。

GMPマークとは、商品の製造や管理の基準をクリアした工場で作られている商品に与えられるマーク。

安心・安全マークとは、NPO法人日本サプリメント評議会が定める評価で、安全性に関する基準の値をクリアした商品に与えられるマーク。

サプリを飲むとなると、妊娠中でもちゃんと安全に飲んでいけるのか、妊婦さんは敏感になってしまいやすいのではないかと思います。

赤ちゃんのことを考えても、自分の体のことを考えても、やはり安全なサプリを飲みたいですよね。

プレミンは妊娠中でも、心配をせずに安心して飲んでいくことができますよ。

まとめ

妊娠中にはどのプレミンを飲めばいいのか、妊娠中にプレミンを飲むのがなぜ良いのかを効果などと一緒にお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

妊娠中はサプリを飲んで、成分を過剰に摂取してしまわないか心配な方もいるかもしれません。

しかし、プレミンはしっかりと妊娠の時期に合わせて成分の量を変えてくれているので、妊娠中でも、成分を過剰に摂取してしまう心配をせずに飲んでいくことができますよ。

プレミンで妊娠中の母体や赤ちゃんを、健康的に守っていってあげましょう。

そうすることで、”明るく楽しい妊娠生活と生まれてくる愛しい我が子”の両方を手にすることができますよ。