ベジママ

ベジママは妊活中の貧血を予防できない?実際の効果を徹底リサーチ!

ベジママ 貧血

貧血になるのは男性よりも女性の方が多いと言われています。

それはなぜなら、女性は生涯の中で貧血になってしまう原因をたくさん持っているからです。

妊娠中だけでなく、妊活中貧血になってしまうと体へどのような影響を及ぼしてしまうのか気になりませんか?

妊娠中も妊活中も、体が健康的であることに越したことはありません。

そこで、現在妊活に励んでいる方のために、妊活中に貧血になる原因からベジママによる貧血への効果まで、ここでくわしくお伝えしていきたいと思います!

妊娠しやすい体へと変えていくためにも、妊活中の方はぜひご覧ください。

[toc]

妊活中に貧血になる原因と体への影響は?

まずは妊活中に貧血になってしまう原因や症状、または妊活中に貧血になってしまった場合の体への影響についてご説明していきます。

妊娠中の貧血だけを気を付ければいいと思われている方!

貧血は妊娠中だけでなく、妊活中にも体へ悪影響を及ぼしてしまうことをご存じでしたか?

ベジママは妊活に効果があるとよく言われていますが、妊活中に貧血になると、体へどのような悪影響があるのかお伝えしていきますね。

妊活中に貧血になる原因は栄養不足と生理の出血

妊娠をする前に貧血になる原因はいくつかありますが、その中でも女性が貧血になってしまう原因として特に多いのが、栄養不足生理の出血によるものです。

女性は食事制限などの過度のダイエットで栄養が不足してしまうと、貧血を起こしやすくなります。

どのような栄養が不足すると貧血になりやすいかというのは、以下のとおりです。

  • 葉酸
  • ビタミンB12
  • ビタミンB6

貧血の原因は鉄分不足!というのは聞いたことがある方も多いと思いますが、実はそれ以外にも、葉酸不足やビタミン類の不足で貧血になってしまうことがあるのです。

また、女性は妊娠中を除いて、閉経をするまでずっと付き合っていかなければいけないのが毎月やってくる生理です。

生理になった時の腹部の痛みや出血の量には個人差がありますが、生理時の出血量が多ければ多いほど、貧血になりやすくなってしまします。

それらのことから妊活中でも貧血になりやすいので、普段から予防をしていかなければいけません。

貧血は生理不順を起こしやすくする

先ほど生理による出血量が多いと貧血になりやすくなるとお伝えしました。

この生理で大量に出血をして貧血になると、生理不順を引き起こしてしまいます。

それはなぜかというと、貧血になることでホルモンバランスが崩れてしまうからです。

女性の体内のホルモンには黄体ホルモンがあり、黄体ホルモンは生理が来てから次の生理が来るまでの間にたくさん分泌されます。

しかし、貧血になるとこの黄体ホルモンが減少していってしまうのです。

それによってホルモンバランスが崩れてしまい、生理不順が起こってしまいます。

生理の出血量が多いと貧血になり、貧血になることで生理不順を引き起こしてしまうなんて、まさに悪循環ですよね。

また、生理不順=排卵の周期が安定していないということなので、不妊へもつながってしまいます。

妊活中に貧血になると起きる症状

妊娠中に貧血なると、以下のような症状が現われます。

  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 体が疲れやすくなる

このように、妊活中の貧血には私生活を通常どおりに送るのが困難になるような症状がたくさんあります。

自宅で仕事から帰る旦那さんを待ちながら家事をこなそうと思っても、体調が優れない状態では、なかなか家事をこなすスピードもはかどりませんよね。

これらの症状で困ってしまわないためにも、貧血を予防していくことが大事なのです。

ベジママで貧血を予防することはできる?

上記では、妊活中の貧血についてお伝えしました。

女性は妊活中にも貧血を予防していく必要がありそうですね。

では、ベジママには貧血を予防する効果はあるのでしょうか?

ベジママに含まれる成分の効果に注目して、貧血への効果が本当にあるのか探っていってみましょう。

葉酸は貧血を予防する

葉酸には赤血球の生成を助け体内の血液を増やす造血作用があります。

貧血は体内の血液や赤血球が不足し、栄養や酸素が体全体に行きわたりにくくなることで起きます。

また、妊活中貧血になると生理不順を引き起こしてしまい、妊娠しにくい体になってしまう可能性がありますよ。

ですから貧血を予防するために、体内の血液や赤血球をどんどん増やしていかなければなりません。

しかし葉酸には造血作用があるので、妊活中の貧血を予防しながら、妊娠しにくい体になってしまうのを防ぐことができますよ。

ビタミンB12とビタミンB6が葉酸と協力して貧血を予防

ビタミンB12ビタミンB6は、赤血球の中のヘモグロビンの生成をサポートし、葉酸と協力しながら体に酸素を運んでいきます。

そうして生成された赤血球が血液を通じて体にたくさんの酸素を送っていくことで、体が酸欠状態になるのを防ぎ貧血を予防することができるのです。

ですから葉酸だけでなく、ビタミンB12とビタミンB6も妊活中の方々の頼もしい味方になってくれますよ。

ベジママは貧血で起こる生理不順を改善する?

ベジママは、妊活中の貧血が元で生理不順になってしまった状態を改善することが期待できます。

なぜなら、ベジママにはホルモンバランスを整える効果がある葉酸が含まれているからです。

貧血で起こる生理不順は、黄体ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れによって起こります。そして、生理不順不妊の原因にもつながってしまいます。

しかし葉酸が持つ造血作用により、体へスムーズに栄養や酸素が運ばれるようになると、ホルモンバランスが整いやすくなるのです。

ホルモンバランスが整うことで、生理の周期を安定させていくことができますよ。

ですからベジママを飲むことで生理不順が改善され、貧血で生理不順になってしまった状態から妊娠しやすい体へと戻していくことができます。

葉酸サプリのベジママとはどんなサプリ?

最後に、ベジママとはどんな葉酸サプリなのかご紹介していきたいと思います。

「ベジママについて知らないことはもうないよ!」という方も、新たな発見を求めて一緒に確認していってみましょう!

ベジママ
★妊活を支援するママ応援サプリ
★不妊に効果が大きいピニトール、ルイボスを配合!
★販売個数が10万個を突破した人気の葉酸サプリ
葉酸の含有量 400μg
サポート成分 ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
その他成分 ピニトール
ルイボス
飲みやすさ 錠剤が小さく飲みやすい
価格 通常購入:5,500円
定期購入:2,750円
安全性 GMPマーク取得
自社植物工場で製造

こちらのベジママについて、妊活中の方へのおすすめポイントをご紹介していきますね。

妊娠中や授乳期でも貧血を予防できる!

ベジママ妊活中に飲む葉酸サプリとして有名ですが、貧血を予防する葉酸やビタミン類などの成分が含まれているので、妊娠中や授乳期でも貧血を予防することができます。

なぜ葉酸やビタミン類が貧血を予防するのかというのは、先ほどご説明したとおりです。

妊活中は生理の出血が多いことで貧血になってしまいやすいのですが、妊娠中や授乳期も貧血が起きやすくなっていますよ!

なぜかというと、

  • 妊娠中は赤ちゃんに栄養や酸素を送るためにたくさんの血液が必要となる
  • 授乳期は母乳をたくさん赤ちゃんへ飲ませるために、血液がたくさん必要となる

この2つが原因で、妊娠中や授乳期に貧血になってしまうことがあるからです。

妊娠中や授乳期は、このように生理による出血がなくても、赤ちゃんを大きく育てていくために貧血になってしまう場合があります。

また、葉酸には細胞分裂を助ける働きがあり、お腹の赤ちゃんの正常な発育を手助けしてくれます。

ですから赤ちゃんが障害を持って生まれてきてしまう神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができますよ。

このようにベジママは、妊活中だけでなく妊娠後もしっかりと赤ちゃんとママさんを守っていってくれます。

安全性にこだわった葉酸サプリ

ベジママはGMPマークを取得している安全性にこだわった葉酸サプリです。

GMPとは、原材料の受け入れから製造・出荷までの過程で、サプリの製造・品質の管理を徹底している工場のみが取得できるマークです。

また、ベジママは放射性物質の基準値クリアしているので、妊活中でも安心して飲むことができますよ。

放射性物質は体の細胞(DNA)を壊していってしまうので、知らずに放射性物質が含まれているサプリを飲んでしまったら、これから妊娠を控えている体へ悪影響がないか心配ですよね。

これらのことからベジママは安全性の高い葉酸サプリとなっているので、ベジママを飲みながら安心して妊活に励んでいくことができますよ。

安心の無期限返金保証

ベジママには、無期限の返金保証が付いています。

それは会社側の「お客様にベジママを試してみてほしい」という気持ちと、効果に対しての自信から来ているものだと思います。

ですから「ベジママを飲んでみたいけど、妊活への効果がちゃんと現れるか心配だなぁ‥。」という方でも、気軽にベジママを飲んでみることができますよ。

気になる方は、この機会にぜひ飲んでみてくださいね。

ベジママを飲むことで、赤ちゃんがお腹の中へやって来る日もグッと近くなるはずです。

まとめ

ベジママの貧血への効果をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

ベジママには貧血を予防する鉄分が含まれていないので、体内の鉄分が不足している場合は食べ物などで摂取して補っていかなければいけません。

しかし、鉄分不足以外にも、葉酸やビタミン類が不足することで貧血になってしまうこともあります。

ベジママで葉酸やビタミン類を摂取して、妊活中や妊娠後の貧血を予防していきましょう。

また、貧血を予防することは妊娠前の生理不順を引き起こしにくくすることにもつながるので、妊娠しやすい体へと変えていくことができますよ。

ベジママを飲んで貧血を予防し、赤ちゃんがいつできても大丈夫なように、体の中を整えて準備しておきましょう!