葉酸知識

つわりに効くサプリってどんなやつ?本当に楽になるの?

妊娠中は様々な不調が降りかかりますよね。

特につらいのが「つわり」ではないでしょうか( ;∀;)

少しでもつわりを楽にしたい...

そんな妊婦さんにおすすめなのが“葉酸サプリ”です♪

でも、全部の葉酸サプリにその効果があるとは断言できませんので今回はどんな葉酸サプリがつわりに効果的なのかお伝えしていこうと思います。

つわりを和らげたい...そんな時はビタミンB群!

冒頭でお話ししたようにつわりには葉酸サプリ!なんですが

具体的には葉酸サプリに含まれるビタミンB群の成分たちが作用します。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • ビオチン

の8種類の成分を総称してビタミンB群。中でも【ビタミンB6】【葉酸】がつわり軽減に効果的です。

ビタミンB6と葉酸がつわりを軽減する??

ビタミンB6と葉酸は代謝促進・血行促進の働きがあることから吐き気を軽減する効果があります。

倦怠感や貧血の症状も緩和するのでつわり以外、妊婦さんでなくても女性にはかなり重要な栄養成分となるわけです♪

しかし、ビタミンB6や葉酸は食事から摂取するのは無理!と言っても過言ではありません。

体に吸収されにくく、摂取してもほとんどは体外へ(汗)

そのため厚生労働省や病院では葉酸サプリからの摂取が推奨されているんです♪

葉酸サプリは妊婦さんに必要不可欠な栄養成分が効率よく吸収されるように配合されています。

特につわりがひどい方はビタミンB6・葉酸以外にビタミンCやビタミンB12配合のものがベストです。

これらは、つわりに効果的な成分が力を発揮できるように、体内への吸収を助ける役割をしてくれます!(^^)!

つわりにはコレ!おすすめのビタミンB群入り葉酸サプリ

つわりがひどい時期に飲むサプリの基準として

  1. 葉酸・ビタミンB6が配合されている
  2. 葉酸・ビタミンB6の吸収を助ける成分が配合されている
  3. つわり中でも飲みやすい粒
  4. 無添加で安全性が高い

この4つが重要になります。これらを満たしている葉酸サプリがこちら↓↓

商品名 BLTA(ベルタ)
価格 通常購入:5,980

定期購入:3,980

内容量 120(1ヶ月分)

BELTA(ベルタ)は妊活・妊娠・授乳すべてのステージで必要な栄養成分をぎゅっと凝縮した葉酸サプリです。

あのぺこ&りゅうちぇるも愛用していることからSNSやママ向け雑誌でも大変話題になっています♪

先輩ママさんの間でもつわりに効果があったと高評価する方が続出しました。

BELTA(ベルタ)は他の葉酸サプリと違って、体に良く吸収される酵母葉酸をしっかり1日分400㎍配合しています。

血行促進効果でつわり改善へ♪

忘れちゃいけないのが、ビタミンB6と葉酸の吸収を助けるビタミンたち。

ビタミンCとビタミンB12がちゃんと配合されています!!

また、その他にもビタミンB群が冒頭でお話ししたビタミンB群が余すところなく含まれているのでつわりを軽減するのに持ってこいの葉酸サプリというわけなんです(*‘∀‘)

厳しい安全基準のGMPマーク取得無添加製法のため安全性もバッチリ。

BELTA(ベルタ)なら、つわりに効果的なビタミンB6や葉酸をしっかり摂取できつらいつわりを少しでも和らげもっと素敵なマタニティーLIFEが遅れるはずですよ♪

是非、お試しください。

そもそもつわりがひどくてサプリ飲めるかな?という方へ

つわりがひどい妊婦さんの場合、タイミングと飲み方が重要です。

匂いや空腹で吐き気を起こしてしまう方はある程度空腹が満たされた食後30分以内に水ではなくぬるま湯で飲むのがおすすめ。

また、葉酸サプリにもよりますがジュースで飲んでも大丈夫!という商品もあるのでつわりでもこれだけは飲めるというお好きなジュースで飲むのもアリかもしれません。

ちなみにBELTA(ベルタ)はジュースで飲んでもOKです(/・ω・)/

先輩ママさんはどうしていたのかも聞いてみたので参考にしてみて下さい♪

みんなえぇーーー!?って思うかもしれないけど私は、固形物がダメだったので錠剤を噛んでました(笑)

水で飲むと吐いちゃうし、コレしかないって思ってガリガリ噛んでごっくんですね。

ももママさん(32歳)

ヨーグルトとかゼリーと一緒に飲み込んでました!!

食事から葉酸やビタミンを摂取するのってやっぱり難しいし、サプリをスッと飲み込める方法はやっぱり今食べれるものと一緒に飲み込むことかなって思ってました(‘◇’)ゞ

ベビloveさん(27歳)

まとめ

つわりは妊婦さんにとって非常につらい関所でもあります。しかし、このつわりをお腹の赤ちゃんからのサインだと思って、がんばっていくことが大切。

また、つわりを乗り越えるためには、様々な対策法と葉酸・ビタミンB6の十分な摂取が必要です。

自分にあった対策法はどれなのか、しっかりと見極めてつわりの軽減に勤めましょう。本当に辛い時は病院で診断することも大切ですよ。