葉酸知識

葉酸サプリを妊娠5、6週目から摂取するメリットとは?またどの葉酸サプリが良いの?

妊婦さんは葉酸を摂取したほうが良い、という話を聞いたことがありませんか?

実はその話って本当で、妊婦さんは葉酸を摂取することで様々なメリットを得ることが可能です。

特に妊娠5、6週目の妊婦さんは葉酸の摂取が大切な時期となっており、赤ちゃんが健康に生まれてくるかどうかは、お母さんが葉酸を摂取しているかで変わってくる場合も。

そのため、葉酸がたくさん含まれている葉酸サプリが妊娠5、6週目の妊婦さんの間で人気の商品となっているんですよ。

そこで今回は、妊娠5、6週目から葉酸サプリを摂取するメリットについてご紹介し、またどの葉酸サプリが妊婦さんにおすすめなのかについてもお伝えしていきます。

[toc]

葉酸サプリを妊娠5、6週目から摂取するメリット

葉酸サプリを飲み始めるのが妊娠5、6週目からと、妊娠して1か月以上経った後からでも遅くはありませんよ。

ここでは妊娠5、6週目から葉酸サプリを摂取するメリットについて、ご紹介していきます。

神経管閉鎖障害のリスクを下げる

神経管閉鎖障害を持って赤ちゃんが生まれてくるかどうかは、妊婦さんが葉酸を摂取したかどうかで結果は違ってきます。

神経管閉鎖障害とは脳や脊髄といった中枢神経系(神経管)の先天異常のこと。

神経管の下部に障害が起きた場合は下肢の運動障害・腸の機能障害が起き、神経管の上部に障害が起きると「無脳症」という脳の形成が不全になってしまうことも。

さらに無脳症になってしまった場合、赤ちゃんの流産・死産の割合が高くなりますので気を付けなくてはいけません。

このような神経管閉鎖障害は妊婦さんの葉酸不足も原因の1つとなっているため、妊婦さんは葉酸が必要で、葉酸がたくさん含まれている葉酸サプリを摂取したほうが良いとされているわけ。

神経管閉鎖障害は妊娠12週までが一番重要な時期と考えられているので、妊娠5、6週目からでも葉酸サプリを摂取するメリットは十分にあると言えるでしょう。

貧血の予防

女性は妊娠して12週目くらいになると、妊娠前と比べて血液の量が1.5倍ほど多くなるという事を知っていましたか?

その理由はさまざまありますが、1番大きな理由としてはお腹の赤ちゃんが関係しています。

赤ちゃんはお母さんの血液を通して栄養や酸素をもらうので、妊娠前と同じ血液量では十分な酸素や栄養を送ることができないため、たくさんの血液が必要というわけなんです。

ただ、血液の量が一気に増えるせいで血液の濃度は薄まりやすく、それによって貧血になりやすくなっています。

葉酸サプリに多く含まれる葉酸には赤血球を生成する作用があるので、血液の濃度を濃くすることができ貧血を予防することが可能です。

そのため妊娠5、6週目から葉酸サプリを摂取することで、あらかじめ貧血の予防をすることができますよ。

つわりの軽減

つわりは妊娠4~6週目になると起こる症状。

人によってつわりの症状は違い、吐き気がひどい・においに敏感になるなどがあります。

葉酸サプリに含まれているビタミンB6は、つわりの症状を軽減させる効果があるので、つわりで苦しんでいる人やつわりを少しでも軽減させたい人にはもってこいの商品。

つわりの症状は妊娠15週目くらいまで続くことが多いので、妊娠5、6週目から飲んでも十分につわりを軽減させる効果はありますよ。

ただ、葉酸サプリによってはビタミンB6が含まれていない場合もあるので、葉酸サプリを購入する前にビタミンB6が含まれていないかを確認すると良いでしょう。

葉酸サプリを選ぶ5つのポイント

妊娠5、6週目の方が葉酸サプリを摂取するメリットがわかったところで、ここでは葉酸サプリを選ぶ5つのポイントについてお話していきます。

どんな葉酸サプリを購入すれば良いのかの参考にしてみましょう。

葉酸の含有量

妊婦さんに必要な葉酸量は厚生労働省が発表しており、1日400μgの葉酸が必要で、480μgの葉酸の摂取が推奨されています。

そのため葉酸サプリを選ぶポイントとして、葉酸の含有量が400~480μgの葉酸サプリを選ぶのがおすすめです。

葉酸以外の大事な成分

葉酸サプリで葉酸を摂取することはもちろん大事ですが、妊婦さんには葉酸以外にも必要な栄養素はたくさんあります。

その中でも

  • 鉄分・・・貧血の予防
  • カルシウム・・・赤ちゃんの骨を生成・妊婦さんの骨粗しょう症を予防
  • ビタミンC・・・葉酸の吸収率を高める
  • ビタミンB6・・・つわりの症状を軽減させる
  • ビタミンB12・・・葉酸と一緒にヘモグロビン生成し、血液の濃度を上げる

の5つの成分は抑えておきたいところ。

葉酸サプリを選ぶときには、これらの成分が含まれているかチェックすると良いですよ。

飲みやすさ

サプリの飲みやすさも、葉酸サプリを選ぶポイントの1つ。

葉酸サプリによっては大きくて飲みにくい商品も販売されているので、サプリメントを飲むのが苦手だという人なら必ず確認しておきましょう。

また、妊娠5、6週目はつわりで辛い状態だという人も多いはず。

つわりの中には”においつわり”というにおいに敏感になっている人もいるので、サプリの臭いがないものまたは少ないものを選ぶのも忘れずに。

価格

妊娠中は何かとお金がかかるもの。

今までの下着では窮屈になり、新しい下着を新調する・ベビー用品を購入するなどでお金はどんどん無くなっていきます。

またパートで働いているという人なら、具合が悪くて休んでしまうとその分だけ給料は減ってしまいますから、なおさら葉酸サプリの価格には注目しちゃいますよね。

また、葉酸サプリは価格が安い=悪い商品というわけではなく、安くて良い商品もたくさん販売されているので、高い商品じゃないとダメというわけではないですよ。

GMPを取得しているか

GMPとはサプリの品質管理・製造管理が行き届いている工場に送られるマーク。

GMPマークを取得しているということはそれだけ飲んでも安心・安全なサプリだという証明になっています。

お腹の赤ちゃんのためにも安心・安全な葉酸サプリを飲みたいのであれば、GMPを取得しているかどうかも購入する前に確認しておきましょう。

妊娠5、6週目の妊婦さんにおすすめな葉酸サプリ特集!

葉酸サプリを選ぶ5つのポイントは

  • 葉酸の含有量
  • 葉酸以外の大事な成分
  • 飲みやすさ
  • 価格
  • GMPを取得しているか

でしたね。
このポイントを踏まえつつ、おすすめの葉酸サプリをご紹介していきます。気になった商品がありましたら是非チェックしてくださいね。

ララリパブリック

ララリパブリック  
葉酸の含有量 400μg
葉酸以外の大事な成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
飲みやすさ ◎飲みやすい!
価格 通常購入:3,980円

定期購入:2,980円

GMPの取得の有無 あり
特徴 ★定期購入の縛りなし!
★野菜の栄養素も摂取可能!

ララリパブリックは、妊娠5、6週目の妊婦さんにおすすめの葉酸サプリメント。

葉酸サプリを選ぶ5つのポイントを全てクリアしており、今回ご紹介する葉酸サプリの中では1番人気が高い商品となっています。

また葉酸以外に大事な成分の他に、国産野菜のミックスパウダーを配合しているので野菜の栄養素も補給できるため、つわり時期で栄養が偏りがちな人にはもってこいです!

そんなララリパブリック、購入するなら定期購入がおすすめとなっており、

  • 定期購入なら通常購入より1,000円お得
  • 1か月で定期購入を辞めることも可能
  • 送料が無料
  • 個数やお届け先の変更も電話1本でOK!

と定期購入のほうがかなりお得になっています。

安くて高品質な葉酸サプリが欲しい、そんなあなたにはララリパブリックがぴったりの商品で間違いありません!

ララリパブリック

ベジママ

ベジママ  ベジママ
葉酸の含有量 400μg
葉酸以外の大事な成分 ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
飲みやすさ ◎飲みやすい!
価格 通常購入:5,500円

定期購入:4,680円

GMPの取得の有無 あり
特徴 ★販売個数10万個を突破!
★毎月500名限定で初回の定期購入が50%OFF!

ベジママは妊活中の人向けに作られた葉酸サプリですが、妊娠5、6週の妊婦さんにもおすすめできる葉酸サプリメントとなっています。

ただ、葉酸以外の大事な成分である『鉄分・カルシウム』はベジママに含まれていません。

そのため、鉄分とカルシウムは食事や別なサプリから補う必要があるという事には注意してください。

しかしながら、葉酸以外の大事な成分以外を見てみると、葉酸の含有量・飲みやすさ・価格・GMPの取得は問題なく、十分に妊婦さんにもおすすめできる商品ですよ。

ベジママ

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ  belta
葉酸の含有量 400μg
葉酸以外の大事な成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
飲みやすさ ◎飲みやすい!
価格 通常購入:5,980円

定期購入:3,980円

GMPの取得の有無 あり
特徴 ★モンドセレクション金賞を3年連続で受賞!
★楽天ダイエット・健康ランキングで1位を獲得!(2017年上半期)

葉酸サプリにいろんな成分が含まれている商品が欲しいという方、それならベルタ葉酸サプリがおすすめです!

ベルタ葉酸サプリには

  • ビタミン・ミネラル27種類
  • 野菜21種類
  • アミノ酸20種類
  • 美容成分6種類

など、葉酸以外にも非常に多くの成分を配合して作られています。

その中には葉酸サプリを選ぶポイントである”葉酸以外の大事な成分”も、もちろん含まれており、いろんな成分が配合されていながらサプリは小粒で飲みやすいというのも特徴です。

また楽天ダイエット・健康ランキングでは第1位を取得するほど人気があり、いろんな妊婦さんが使用しているというのもおすすめできるポイントとなっています。

ベルタ葉酸サプリ

ママニック

ママニック  
葉酸の含有量 400μg
葉酸以外の大事な成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
飲みやすさ ◎飲みやすい
価格 通常購入:5,000円+税
定期購入:3,500円+税
GMPの取得 あり
特徴 ★乳酸菌がお腹の調子を整える
★『anan』・『赤ちゃんが欲しい』などさまざまなメディアに掲載!

葉酸サプリに乳酸菌を配合した商品、それがママニックです。

乳酸菌を配合することで、妊婦さんの悩める症状の1つ『便秘』に効果的となっており、飲み続けることで腸内環境を改善することができます。

もちろん葉酸サプリとしての効果も健在で、葉酸の含有量・葉酸以外の成分・飲みやすさ・価格・GMPの取得と、どれを見ても葉酸サプリを選ぶポイントに問題はありませんよ。

さらに残留農薬試験・放射能試験を行い、どちらも問題がない葉酸サプリとなっていますから、安心・安全に飲めるというのも高評価です!

葉酸サプリで迷っているなら、ママニックという商品もぜひ検討してみてください。

AFC葉酸サプリmitete

AFC葉酸サプリmitete  
葉酸の含有量 400μg
葉酸以外の大事な成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
飲みやすさ ◎飲みやすい!
価格 通常購入:1,944円
GMPの取得の有無 あり
特徴 ★販売実績487万個を突破!
★流通コストをカットし、低価格を実現!

AFC葉酸サプリmiteteは、今回ご紹介した葉酸サプリの中では1番価格が安い葉酸サプリメント。

しかし価格が安いからと言って侮るやなかれ、AFC葉酸サプリmiteteは葉酸サプリを選ぶポイントを全てクリアし、放射能セシウム検査も実施しているので品質は価格以上です!

「葉酸サプリを試してみたいけど、価格が高いのはちょっと手が出せない」、そんな人はAFC葉酸サプリmiteteで、葉酸サプリを始めちゃいましょう。

【症状別】妊娠5、6週目から起こる”つわり”を楽にする方法

つわりは早い人なら妊娠4週目から起こりますが、ほとんどの人は妊娠5、6週目から症状に悩まされることになります。

ここではつわりを楽にする方法を症状別にお伝えしていきますので、つわりで辛い人、つわりがそろそろ来るかもという人は必見です!

吐きつわり

吐きつわりは、吐き気が何度も襲ってくる、嘔吐を繰り返し食事も喉を通らないと、辛い日々が続きます。

そんな吐きつわりですが、ビタミンB6を摂取するのがおすすめです。

ビタミンB6にはつわりの吐き気を軽減する効果があるので、吐きつわりを楽にしてくれます。

ただ、つわり中は食欲が無く、食べ物からビタミンB6を摂取しようと思ってもなかなか難しいはず。

そのため、体調が良い時にサッと飲むことができビタミンB6も含まれている葉酸サプリは、つわりが始まる妊娠5、6週目の人におすすめとなっています。

食べつわり

食べつわりはお腹が減ると気持ち悪くなるタイプのつわり。

空腹になると気持ち悪くなるので、いかに空腹状態を無くしていくかが大切となっています。

かといって常にお腹いっぱいにしていると、カロリーオーバーでどんどん体重は増えてしまうので注意が必要ですよ。

そんな食べつわりを楽にする方法としては、

  • 食事の量を減らして回数を多くする
  • お腹が空きそうだなと思ったら低カロリーのお菓子を食べる
  • 腹持ちの良いお肉、消化に時間のかかる食物繊維を多く摂取する

という事に注意すれば、食べつわりを楽にすることができます。

においつわり

においつわりはその名の通り、においに敏感になってしまうつわりの症状。

今まで気にならなかったご飯が炊けるにおいや、香水のにおいなどを嗅ぐことで具合が悪くなってしまいます。

においつわりを楽にする方法としては、

  • においの強い物を部屋に置かない
  • マスクを常時着用する
  • シャンプーやボディソープ、柔軟剤などもにおいの少ないものにする

などの対策をすると良いでしょう。

特に鼻の中にティッシュを詰めてマスクをすれば、見栄えも悪くなくほとんどのにおいは防ぐことができるので、マスクの着用はおすすめですよ。

眠りつわり

夜更かしをしたというわけでもないのに、昼夜問わず眠くなってしまうのが眠りつわりの特徴です。

そんな眠りつわりを楽にする方法は、睡魔に逆らわず寝てしまうこと。少しの時間でも仮眠を取れば、眠りつわりは楽にすることができますよ。

また、仕事中などで寝られない状況の場合は、体を動かす・ガムを噛むといった行為で眠気を紛らわせることができるのでおすすめです。

妊娠5、6週目からでも確認しておきたいこと一覧

最後に、妊娠5、6週目からでも確認しておきたいことを一覧にしました。気になる項目がありましたら、目を通して確認してみてください。

お酒・タバコは控えましょう

妊娠する前は毎晩お酒を飲んでいた・タバコを吸っていたという人、妊娠してからはお酒・タバコは控えるようにしてください。

妊娠中にお酒を飲むと、

  • 赤ちゃんの発育が遅れる
  • 中枢神経に障害が出る
  • 小頭症や関節の異常が出る

といった、”胎児性アルコール症候群”に赤ちゃんがかかってしまう可能性があるんですよ。

またタバコは有害物質を多く含んでいるので、タバコを吸って赤ちゃんの成長に良いわけがありません。

一酸化炭素やニコチンといった物質が赤ちゃんに送る栄養・酸素の供給を邪魔してしまい、先天性心奇形・手足の欠損などが起こってしまうこともあります。

健康で元気な赤ちゃんを産みたいなら、お酒・タバコは少なくとも出産が無事に終わるまで控えるようにしましょう。

妊婦健診は健康保険の適応外!財布に余裕を持たせておこう

妊婦健診は妊娠が発覚した時から何回もお世話になる健診です。

しかしこの妊婦健診、なんと健康保険の適応外なのでかかった費用は全て自己負担となっています。

そのため、初めて妊婦健診に行くときには3万円ほどお金を用意し、以降の妊婦健診でも1万円は財布に入れておくと安心です。

また、住んでいる地域によっては母子手帳と一緒に妊婦健診の”補助券”をもらえることもあり、補助券を使用することで健診費用を半額近くにすることができます。

補助券は紛失しても再発行はしてくませんので、無くさず大切に保管しておきましょう。

薬を使用する前に”妊娠中禁忌”と書かれていないか確認を

妊娠中は薬を使用しないほうが良い、なんて聞いたことがある妊婦さんも多いのではないでしょうか。

その理由としては、薬の中には”妊娠中禁忌”とされている物が存在しているからなんですよ。

もし妊娠中禁忌の薬を使用してしまうと、赤ちゃんが奇形を起こしたり流産の原因になったりしてしまいます。

どうしても薬を使用したい状況になってしまった場合は、市販の薬を使うなら隅から隅まで説明書を読んで使用しても大丈夫か確認する・病院に行くときは妊婦だという事を伝えて薬を処方してもらってくださいね。

まとめ

妊娠5、6週目はつわりが始まり、赤ちゃんがどんどん大きくなっていく時期。

赤ちゃんはお母さんの血液を通して栄養や酸素をもらうので、血液の濃度を濃くする作用がある葉酸サプリの摂取はとても大切なこととなっています。

今回は葉酸サプリを選ぶ5つのポイントをご紹介し、そのポイントを踏まえておすすめの葉酸サプリをご紹介していきました。

もし、ご紹介した葉酸サプリの中に気に入った商品があったなら、購入し試してみてくださいね。